陰キャオタクの悲痛なまでの美意識の低さ~夢の現場へ向けて~

陰キャ、オタクと周囲に感じさせない方法

皆さんこんにちは!!れいれいです!! 新型コロナウイルスの影響でイベントも自粛しておりますね、、、私も何か所か現場に行けなくなりました。。。

 

そんな私、夢の現場に向けて「美意識向上委員会」を発足しました(委員数1名)←

 

推しの前では綺麗でありたい!!

 

学生で周囲にオタ友がいないからオタばれが怖い( ^ω^)・・・

そんなあなたに!!!

 

私が「陰キャ、オタクと周囲に感じさせない方法」をご紹介いたします!!

 

基本的に行うことは少ないですから、始めやすいと思います。。。

 

 

 

 

 

 

 

1.基礎からつくる

 基礎から作るということは要約すると「スキンケアに力を入れる」と言うことです。

 

 基本、肌は保湿していれば、保湿さえしていればどうにかなります。

 

個人差が出るところにはなると思いますが、私は高校生の頃、お小遣いはほとんどスキンケアに力を入れていました。

 

 

 

2.偽る←

 

これについては、「?」となった方も多数いらっしゃると思われます。。。

つまりですね、「化粧でゴマかせ」ということです。

 

近年はさまざまな美容系youtuberさん達がメイク動画をアップしております。

 

それ程今現在!日本は「美容に対する意識が高まっている」と言えます(何様)

 

「美容」ってスキンケアだけじゃダメなのよ…偽らないと…喪女になっちまう…(経験談

 

兎にも角にも重要なのはベースですね!!後はアイメイク!!

 

これには理由があって、推しキャラのフィギュアだって皆さん、くすんでいるものより、艶があったり、きれいだと思う方を購入しませんか?

 

スーパーでさんまを購入するときも、くすんでいるものより、艶があるものを選びますよね。

 

人間の肌はこれと一緒です。「人は見た目が8割」。これは本当。(ガチで対人関係のテストに出た)

 

おすすめは、「艶系の保湿下地」ですね。

 

アイシャドウは「ラメ系」が万人受けですかな…(個人的にはマットが好き)


 


 


 

 

 

3.でも信頼できる友人の前ではオープンに

 私は中高生の頃、とにかくオタばれが怖くて、周囲に私も見ていたアニメの話をしている同級生に混ざれませんでした。(恐らく私は無駄にプライドが高かったため)

 

だけど、このまま趣味を共有できずに封じ込めていくにはメンタルが限界でした。なので、思い切って卒業と当時にオタクの同級生に「私もこのアニメ好きなんだよね」と打ち明けてみました。

 

すると、「マジ!!!なんでもっと早く言わなかったの!!!」と怒られましたw(その子は上京、私は地元と進路が分かれていたためオタ語りはSNS上で進行中ですww)このことがきっかけで、非オタの友人たちにもオタクであることを打ち明けてみたら、「そうなんだ」という反応、しかも、グッズを見かけたら買ってきてくれるほど理解してもらえて安心しました。(ちゃんとお金は払いました。)

 

まとめ.結局大切なのは自分らしさ

 

小学生、中学生、高校生のころまでは「同調圧力(みんなと同じでなければならない)」がとても強いため、なかなか「オタばれ」しにくい環境ではありますが、自分がオタクであることを誇りに思ってもらいたいです。(主はアニメ、漫画、ゲームオタク)オタクスキルがテストに役立つこともあります。自分らしく、オタ活しましょう

( ´∀` )

 

以上れいれいでした!!ご精読ありがとうございました❣